写真サイトです。

メープルシロップ療法(追加しました)

カナダならではの自然療法に、メープル重曹があります。3対1の割合でメープルシロップと重曹を混ぜたものです。加熱したほうがいいけど、重曹を入れたときにすごい泡がたちます。重曹はアルミニウムの入っていないものを使い、メープルシロップは濃い目のを使います。おいしいかおいしくないかと言えば、まあ甘くて重曹の味がして、それだけです。これを毎日小さじ一杯ずつなめますと、がん細胞が消えるそうです。ただ、脳腫瘍には効き目がないそうです。メープルシロップは100%純粋なものに限ります。

まあ、幸いにして癌はないと思うので人体実験にはなりませんが、メープルシロップと重曹だけなので、少なくとも害はありません。薬と併用しても別に構わないだろうし、気になる方は試して見る価値はあると思います。作ったら冷蔵庫に入れたほうがいいと思います。こういうことを喜んでやってみるのはD君です。写真を撮っていたら、いそいそと懐中電灯を持ってきて照らしてくれました。
...............................................
詳細はこちらを参照してください。英語です。レシピのところだけ引用します。ああ、それと、言い忘れてましたが、これを飲む、というか、なめるというか、それをした後は炭酸水を飲んだみたいにゲップが出ます。大事なデートの前などは控えたほうがいいかもしれません。

The actual formula is to mix one part baking soda with three parts (pure, 100%) maple syrup in a small saucepan. Stir briskly and heat the mixture for 5 minutes. Take one teaspoon daily is what is suggested by Cancer Tutor ."

メープルシロップと重曹を3対1の割合で混ぜます。
小鍋に入れて、かきまぜながら5分間加熱します。
   (焦げないように、ごく弱火にします。)
   (泡立つので鍋はあんまり小さ過ぎないほうがいいです)
毎日小さじ一杯ずつ飲んでください。


メープル重曹療法
念のため、私はお医者さんでも何でもないので、「これをやって重病になった!どうしてくれる!」というような事態には対応しかねます。どうぞご自分の判断と責任で行ってくださいね。
c0110677_7592849.jpg
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
追加です。

ずいぶん前に書いたこの記事、知らないうちにあちこちに広まっているようで、ちょっと驚いています。上のほうに「詳細はこちらを参照してください。英語です。」と書いてますが、これもいつのまにか(なぜ?)リンク先が消えてしまっていて、どこだったのか分かりません。私はもともとこれを誰かから聞いて、たぶん当時入り浸っていた公民館で年配の友人たちから聞いたのだと思いますが、そのあとでちょっと調べて、作り方を日本語にして紹介したのです。

でも、後になってもっといろいろ調べたら、これをもともと発見したお医者さんがいて、その人のサイトにはもっと詳しくいろいろと載っていることが分かりました。その一部を新しい写真サイトに載せたので、よかったらそっちをご覧ください。お医者さんが勧める正しい作り方を紹介しています。摂取する分量については、いろいろ詳しく書いてあるので、許可なくそこまで紹介していいのかなと思って、取りあえず控えています。
こちらです。(「写真サイトの続きの続きです」)

私はどちらの作り方でも作ってみて、別に必ず湯煎にしなくても低温であればそれほど変わりもないものになるように思います。でも、どうやってもばっちり分離するので、ちゃんとできてないのかもしれません。分離したら混ぜて飲めばいいので、それほど気にすることもないとは思いますけれど。

もともとの英語のサイトにはこれを飲むときの注意点とか併用すべき治療法とかがいろいろと詳しく載っていて、本気で癌を治療しようと思う人は翻訳業者に頼んででも訳してもらう価値はあるんじゃないかなと思います。でも、これを既にたいてい訳して公開しているサイトも複数あって、著作権のことがちょっと心配になります。また、あるサイトではこれを「大さじ」で計って飲むように書いてあり、原文は「小さじ」というのを強調してあるので、これはやっぱり間違いではないかと思います。原典が違うのかもしれませんが。。。この療法はちゃんとお医者さんが研究したものなので、厳密には民間療法ではないのだと思います。でも、メープルシロップとスモークサーモンならいくらでもあるカナダでは既に民間療法みたいになっているようで、広まるうちにバリエーションも出てきているのかもしれません。

なお、この写真サイトは古くて私自身も日ごろほとんど全く見ないので、しばらくすると自動的にコメントが書き込めないような設定になってしまいます。リンクを貼るときに私の許可を取ったりする必要はありませんが、コメントしたいけどできないという場合には新しいサイトのほうにお願いします。
[PR]
by ammolitering3 | 2009-12-19 08:11
<< ダイヤモンド 高級小売店のクリスマス >>



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧