写真サイトです。

<   2008年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

抗議運動

中華街ではときどきいろんな集会が開かれます。これは法輪会(だったかな?)という宗教団体への弾圧に対する抗議だそうです。以前、大日本帝国主義反対!という集会をやっていたときは結構怖かったです。叫んでるし、人数もすごかったし。。。
c0110677_15352476.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-02-18 15:44

オリンピック

バンクーバーでは2010年にオリンピックが開かれます。個人的にスポーツに全然関心のない私としては、そうですか、という程度の感慨しかありません。限界に挑戦、という感じで人々が集って一緒に運動しているのは素晴らしいなと思います。競いたいという感覚は理解しがたいですが、世界一になりたい人たちは目指せばいい。好きなだけ凌ぎを削ってください、と思います。

ところが。。。現代の社会では運動をするのにやたらとお金が関係するようです。走りたければ走ればいいのに、びた一文かからないはずが、なぜ億単位のお金の問題になるのでしょうか。バンクーバーにオリンピックを誘致するにあたっては、住民投票が行われました。ぎりぎりの賛成多数で可決されましたが、これはつまり、2人に一人は反対していたということです。なんでかというと、答えは簡単。バンクーバーには市民生活の基礎を整えるお金がないからです。

教育や福祉の予算はどんどん削られ、貧困や医療や麻薬や売春その他の問題も山積しています。バンクーバーにいらしたことのある方なら、ホームレスの多いことに気づかれたことでしょう。彼らの多くは閉鎖された軽度精神障害者施設に入っていた人たちです。一部のホームレスは定住を好まず自主的に放浪しているそうですが、大部分は単に不幸にして社会の網から抜け落ちた人たちです。もちろん、自業自得といえる事情でそうなった人も多いでしょう。でも、それでも人間として最低限の衣食住くらいは税金で提供できないのでしょうか。ホームレスとまでいかなくても、慈善団体の給食に頼って生き延びている人たちも少なくありません。アフリカの子供たちみたいに骨と皮じゃないから目立たないですけど。

オリンピックで潤う人たちがいることは確かでしょう。お祭り騒ぎや選手たちの立派な活躍は、ホームレスの人たちにとっても心躍るものかもしれません。ただ、私にはどうしても道端のゴミ袋みたいな人間の群れが華やかなオリンピックと同じくらい鮮やかに見えてしまうのです。

よく見かける落書き。2010年に暴動を起こそう、と書いてあります。他によく見るのは、「2010軒の家を下さい」というもの。背景のおしゃれなビルは、最近建ったばかり。オリンピックに向けてスラムの清掃が進んでいます。どうやってするかというと、汚い安宿ビルを取り壊して再開発しているのです。そうしてできたビルに住めるのは、、、追い出された人たちじゃありませんね。最近では近隣市町村でのホームレスの増加が問題になっています。
c0110677_1522750.jpg


気の毒なのであんまり大きく撮りませんでしたが、工事中の臨時の屋根の下の歩道で真冬に転がっているのは、ゴミではなくて人間です。
c0110677_15263110.jpg


右下に見えるのが、その工事中の歩道。後ろの新しい高層アパート群とあんまり対照的だったので。。。こういうホームレスがバンクーバーには誇張でなく角々にいます。
c0110677_15283744.jpg


市内の小さなお店のオリンピックグッズのコーナー。デパートなんか、比べ物にならないくらい大規模にグッズを取り扱っています。ロゴの使用料が高いのか、どれも普通の商品の2倍近くします。
c0110677_15305189.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-02-18 15:32



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧