写真サイトです。

<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ベリーとロシア

まだまだ続くベリーのお話。ロシアもやっぱり好調です。ずーっと前から行こう行こうと思っていて、やっと行ったロシア食料品店。最初は強烈に愛想の悪い店員さんに度肝を抜かれましたが、これもロシアらしさを出してていいものです。冷たいドリンクのところを見ていたら、冷蔵庫が壊れていたのもいかにもロシア。こうこなくては面白くありません。

それにしても、ほんとにかわいいパッケージ。このほかにもたくさんかわいいのがあって、お店を丸ごと買いたいくらいでした。なお、変なのもたくさんあります。キャンディーのところには、なぜかロブスターの絵がついたのもありました。まさか。。。まさかねえ。。。いつか買って謎を解くべきか、迷っているところです。
c0110677_2105848.jpg


これはクヴァスという甘い炭酸飲料。ロシアの代表的な清涼飲料水だそうで、とてもおいしいと評判なので買ってみたのですが、まだ味見してません。お菓子はおいしかったです。パッケージがかわいくて捨てられません。
c0110677_2133158.jpg


ぼけてて全然上手に撮れないけど、これはホーソーンという木のベリー。甘みも酸味もないリンゴみたいで、味のないところがおいしい。
c0110677_2181059.jpg


ホーソーンの木はこんな感じ。トゲがすごいです。ホーソーンって、日本語では何というのでしょうか。
c0110677_2201054.jpg


真っ黒くて小さなサクランボ。煮詰めたように濃い味がおいしくて、お店で売ってるサクランボには気がすすまなくなります。苦労して数えるほどに収穫するのもおいしさを増します。
c0110677_2213531.jpg


カラスの大群が家に帰るころ。。。
c0110677_224672.jpg


。。。D君は仕事の後のクロスワードをしています。ベリーの小道にはこういうモザイクのオブジェやベンチがあちこちにあります。
c0110677_2261844.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-28 02:36

カナディアンな一日

中国庭園に行ったら、ロシアの民族楽器によるコンサートが行われていました。この人たちもロシア系の公民館に所属するミュージシャンたちですが、私たちのロシア会館とは政治的な主張を異にするとのことで、あまり関わりはないのです。まあ、それも実際には過去の話で、今ではどちらもあんまり政治的な色合いはないのですけれど。政治のことって、よく分かりません。
c0110677_1275344.jpg


大きなバラライカ、これは何と呼ぶのでしょう。アコーディオンみたいなバイヤンもあって、やっぱりこういうのは好きだなあと思います。
c0110677_132478.jpg


市内の美術館の裏ではイスラム博が行われていました。アラブの歌を歌うミュージシャンたちと、手を繋いで踊るおじさんたち。おじさんと子供はいるけど、決して女性は出てこないのがやっぱりイスラム文化なのでしょうか。なお、彼らの「踊り」は単に手を繋いでぐるぐる回るだけで、これでも踊ってるのかな、楽しいのかな、と少々不思議でした。
c0110677_137222.jpg


群集の中にアラビア服のおじさんたち。かっこいいですねえ。
c0110677_1403665.jpg


大きな石像によじ登っていた若者たちが。。。
c0110677_1413156.jpg


。。。陰鬱なメロディーに浮かれて踊り出しました。暗いけど結構好きなアラブ音楽です。
c0110677_1425098.jpg


もう一つの石像には、お兄さん予備軍の少年たち。
c0110677_1435736.jpg


本日のイベントはこちら。カナダイスラム博です。
c0110677_145056.jpg


アラビアやアフリカの各国に混じって日本のブースもありました。日本にも二つくらい大きなモスクがあるそうです。イスラムの人と結婚した日本人もいるし、少数だけど日本にもいるイスラム教徒。うちの地元にもいたな、と思い出したことでした。
c0110677_1463082.jpg


イスラムアートのブース。イスラムのアートっていいなと思います。幾何学的で私の好みなのです。規律の厳しいところも、だらけた「文明国」にいる身には気持ちが引き締まって良く思えます。かといって自分がそれを守れるかというと自信は全然ないんですけど。他にも科学や医学のブースなどいろいろありました。
c0110677_1493158.jpg


ジオラマがありました。ジオラマ大好き。
c0110677_1523675.jpg


こちらはガラスアート。裏から描いたものではないですけれど。
c0110677_1534686.jpg


サウジアラビアのブースでは民族衣装の試着・撮影をやっていました。これは宣伝係りのお兄さん。本物を間近で見たのは初めてでした。
c0110677_155186.jpg


私も着てみたらこうなりました。ぶかぶかです。でも、結構嬉しかったりするのです。
c0110677_156197.jpg


サウジアラビアの国旗をもらいました。アラーの他に神さまはいなくて、モハメッドは神様の使者である、と書いているそうです。右から左に書いてあるんですよね、これは。いつだったかアラビア語のコンピューターを見たら、すべてが左右逆になっていて驚いたことがあります。
c0110677_1592348.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-28 02:00

道草いろいろ

今日はお友達とベリー摘みをしていたのでした。私の身近にはあんまりこういう野生の植物に詳しい人はいないので、私が一方的にあれこれと教えては味見させるという形になります。

本日の収穫は、サスカチューンベリー、パイナップル草、シンブルベリー、赤と青のハックルベリー、ワイルドストロベリー、サラムベリー、さくらんぼ、インディアンレモネード、最後のサーモンベリー、そして最初のブラックベリー。みなさん、飢饉がきたらカナダにいらっしゃいませ。なお、カナダでも田舎のほうではいろんな野生の植物を摘むことは一般的に行われています。かつて原住民が行っていたほどの広範なものではありませんが。こういう知識はいったん失われてしまうとなかなか取り戻せるものではないので、受け継がれていくといいなと思います。

これはストロベリーの木の実です。なんでそういう名前かというと、これがあと半年くらいしたら真っ赤になるからです。表面がボツボツしてて、赤くて丸くてかわいい様子は確かにストロベリーっぽいかも。しかし、これは別名「一粒の実」ともいいます。なんでかというと、一粒食べればもう十分、という程度のお味だからです。私は個人的には好きで、10粒くらいは食べます。
c0110677_410979.jpg


ただし、これもヨソ様のお庭(塀の外だけど)に植えてあるんですよねえ。10粒採るわけにはいかないところが悲しい。
c0110677_414433.jpg


これはインディアンレモネードの花穂です。これをほぐしてハーブティーにします。蜂蜜を入れるとおいしいです。
c0110677_416325.jpg


おまけ。これでも個人住宅の玄関です。なんでまた象さんなんか。。。しかし面白い。
c0110677_4174252.jpg


これは象さんの家のお向かいにあるお宅です。こういうお城みたいな家に住むのはどういう方でしょう。
c0110677_4191543.jpg


今年初めてのブラックベリーを見つけました。驚異的な生命力で西部カナダにはびこったチャイニーズ・ブラックベリー。お味はやや雑ですが、もはやカナダの人々にとっては完全に無くてはならない季節の味となったようです。どこかしこ、いたるところに繁茂しています。日本の笹みたいなものですね。ほっとくと日本はササに覆われるでしょう。
c0110677_4234745.jpg


きれいな紫色の花。大勢の蜂の皆さんが忙しく立ち働いていました。
c0110677_425734.jpg


好きな花。日本語では何と言うのでしょうか。英語ではフューシャです。
c0110677_4265093.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-22 04:27

ベリーの変化

これはカナダ名産サスカチューンベリー。聞いたこともないという人ばかりだとは思いますが。無名の名産物なのです。
c0110677_14112223.jpg


こっそり数粒収穫しました。なんでたったの数粒かといいますと。。。
c0110677_14121011.jpg


。。。サスカチューンベリーの木はヨソ様の庭というか街路樹というか、とにかく誰かが敷地前にわざわざ植えたものだからです。それにしても歩道をすっかりジャングルにしている彼らはすごい。
c0110677_14145153.jpg


c0110677_14155477.jpg


こちらはワイルドストロベリー。小さくてかわいいです。でも、葉っぱがあんまり地味なので全然気がつきませんでした。甘くて香りが強くて、とてもおいしいです。
c0110677_14181361.jpg

[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-20 14:19

ここは一体どこでしょう。

皆様お馴染み百円ショップのダイソーが、カナダでは2ドルショップとなって販路拡大を狙っています。うちから歩いて10分のところにあります。最近開店したばかりです。
c0110677_10565749.jpg


カナダの人にも大人気ですが、盗難防止のために入り口がゲート式になっているのと制服の警備員さんたちがこまめに巡回しているのがカナダらしいところでしょうか。
c0110677_1111157.jpg


ついでなので隣国中国の飛び地もご紹介。前にも載せましたが、これも近くなのです。
c0110677_113019.jpg


蓮の池で日向ぼっこする皆さん。
c0110677_114490.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-15 11:04

ベリー摘みの続き

睡蓮の池に。。。
c0110677_13121214.jpg


カモがいました。
c0110677_13131867.jpg


c0110677_13135094.jpg


森を抜けると、ピクニックをする人々。。。
c0110677_13144191.jpg


芝生に寝そべる恋人たち。。。
c0110677_13152018.jpg


いろんな形の緑色。
c0110677_1316486.jpg


c0110677_13182930.jpg


c0110677_13185959.jpg


絵描きのコーナーでのんびり絵をみている自転車のおじさんは、公園の巡回警備員。楽しそうな商売です。
c0110677_13194552.jpg


c0110677_13213094.jpg


c0110677_1322155.jpg


c0110677_13225897.jpg


c0110677_13232541.jpg


c0110677_13235444.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-14 13:29

ベリー摘み再び

今日も懲りずにベリー摘みに行ってきました。自然公園の森には野生のベリーがたくさんあるのです。宝石みたいだったサーモンベリーの季節は終わり、今はハックルベリーの栄華の時代です。青い空、緑の木々、絵葉書みたいなバンクーバーの夏の様子も併せてご覧ください。一年の半分くらいは雨で灰色の街ですが、バンクーバーの夏にはそんなのを忘れさせるような輝きがあります。
c0110677_12501352.jpg


池に白鳥がいました。カモもいます。ナッツをやると急いで食べていました。
c0110677_12513758.jpg


これはシンブル・ベリーというベリー。葉っぱが大きくて、メープルに似ています。味は日本の野いちごに似ていて、ラズベリーを凝縮して酸味を減らしたような感じです。すごくおいしくて、しかもこんなにかわいい。収量が少ないところも貴重さを増します。

それにしても不思議でならないのは、バンクーバーの街の人たちがこんなにかわいくておいしいベリーを採ろうとしないこと。子供の頃は採って食べたけどね、という人はいても、大人になるとすっかり興味を失うみたいです。まあ、その分私の分け前が増えるからいいのですけれど。
c0110677_12551190.jpg


c0110677_1256195.jpg


道端に白鳥がいました。
c0110677_12564710.jpg


すぐ横にカモの親子もいました。
c0110677_12573857.jpg


c0110677_12581075.jpg


c0110677_12583913.jpg


風にそよぐハックルベリー。酸っぱくて水っぽいです。
c0110677_12592599.jpg


今日の収穫はこちら。珍しい青いハックルベリーも見つけました。ブルーベリーにそっくりです。別名、ガーデン・ハックルベリー。
c0110677_1305221.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-14 13:02

バス停など

D君の家の近くにある遊歩道には、ところどころにオブジェが置かれています。これはカラスの形のオブジェ。つい本物かと思ってしまったことがあるくらいです。
c0110677_1329147.jpg


D君の頭の上にカラス。。。
c0110677_13312479.jpg


白樺。ほんとに白いのです。
c0110677_13325674.jpg


近くの学校の構内で。トーテムポールがありました。
c0110677_1334751.jpg


カナダのバス停には謎が多いです。通っていないバスの番号が平気で書いてあったり、時刻表が付いていなかったりします。運転手さんが道を間違えたり、来るはずのバスが来なかったりするのもしばしば。この写真は何が変なのかというと、バス停のサインとベンチが10メートルくらい離れているのです。(白いポスターみたいなのが見えるところがベンチです。屋根付き。)ベンチに座って待っていたら、バスが通り過ぎて行ったりします。
c0110677_13344812.jpg


帽子にマスクのこの異様な人物は誰でしょうか。。。皆さんの家が突然綺麗になっていて、防犯カメラにこういう不気味な人物が写っていれば、犯人は私かもしれません。ロシア人の年配の友人のお宅を掃除しているところです。壁の木彫りはロシアの民芸品です。
c0110677_1340174.jpg


ちょっとインダストリアルなアパート。使い勝手は知りませんが、けっこうかっこいい建物です。
c0110677_13423371.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-13 13:42

今日のバンクーバー

まあ、バンクーバーと一概に言っても広いので、私がピンクのサンダルを履いて歩き回った範囲のバンクーバーです。今日は午後お天気で暇だったので、新しいサマードレスを着て散歩をしていたわけです。例によってあまりお役にも立たないカナダの観光ガイドをお楽しみください。

これはちょっとかわいい生垣。ピンクと白のグラデーションっていいなと思うのです。
c0110677_851295.jpg


駅前の再開発地域。安宿が並んでいたのですが、どんどん取り壊されてこういう立派なビルがどんどん建っていきます。こうして見ると近代都市ですよねえ、大きな木も格を上げてます。ただ残念なことに、いわゆるワーキングプアには絶対に手の出ないお値段の高級アパートばかりなのです、これが。ジムはあるわ、サウナはあるわ、プールやレジャールームもあるわ、というレベルです。レンタルすると毎月30万円なんてのもあるから驚きです。こんなのはいらないから、もっと普通のをたくさん建ててください、という庶民の声は政府には聞こえていないのでしょうか。
c0110677_8521910.jpg


これは駅にあった植え込み。大きなススキみたいなのがきれいです。
c0110677_8583547.jpg


これも別の植え込み。木の下に日陰向きの花が植えられて、ちょっと森を思わせる雰囲気。これで中に小さなベンチなどあれば、暑い日に本など読むのにいいかもしれません。
c0110677_8595735.jpg


近代都市バンクーバーをもう一枚。
c0110677_924150.jpg


子供科学館とも言うべき施設の売店で。高い割にはちゃちなので、わざわざ入ろうとは思わないのですが(一度行けば十分)、子供には大変楽しい施設みたいです。売店にはタダで入れるので、散歩がてらのぞいてみました。科学おもちゃって、結構楽しかったりするのです。これは宇宙の本のコーナー。
c0110677_934840.jpg


他の部分はこんな感じ。楽しく学べるおもちゃがたくさん。
c0110677_98655.jpg


ついでに本日のお買い物。ガラスのティーポットです。実は、、、大きな声では言えないのですが、私はティーポットを持っていなかったのです。何年もお茶屋さんで働き、数知れぬお客様に「ぜひとも必要です」と言って値段の高いティーポットを売りつけていたというのに、自分では鍋にお茶の葉を放り込んで平気な顔をしていたのです。皆様どうも申し訳ございません。でもやっぱりあるといいものです。
c0110677_99054.jpg


もう一つのお買い物は、シダです。陶器の鉢植えも買いました。私の部屋は北向きで日当たりが良くないので、日陰者はいないかと探したらこの方が見つかったわけです。部屋に鉢植えを置くのは数年ぶりです。かつては果物の種を発芽させるのが好きで何百と育てていたことがありました。もちろん次々と人手に渡っていきましたが。ずっと前に発芽させたリンゴの種は、今では立派に実をつけているそうです。
c0110677_9144787.jpg


おまけに今日のおやつ。中華街が近いのでよく行くのですが、中華系のパンやケーキはあんまり好きじゃないのです。甘い焼き菓子は好きでたまに食べたくなるのですが、お菓子屋さんの店頭でじーっと見ては諦めて帰ることが多いです。こう言っては何ですが、中華系のお菓子屋さんの企業努力のなさは感嘆に値します。千年一日のごとく同じものばかり、しかもどの店にも全く同じ品揃え。全部同一の会社かと思ったら、違うのだから不思議です。可能な限り安く可食物を作ろうとしたら必然的にこうなるのでしょうか。

これはスーパーで売ってる台湾の焼き菓子です。味も素っ気もない外見ですが、ほんのり甘くておいしいです。さっぱりした中国緑茶と良く合いました。
c0110677_9274938.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-08 09:28

ハイキング

この前お休みだったので、D君と一緒にハイキングに行きました。懲りずにベリー摘みをしていたのです。今度はこの前とは違う森です。初めて行く森なので、D君が案内板を見ています。
c0110677_4445245.jpg


これはトレールの入り口。馬に乗って入ってはいけません、と書いてあります。馬に乗って入ろうとする人がいるんでしょうね。バンクーバーにはとんでもないお金持ちがたくさんいるので、高級住宅地の辺りだと馬の散歩をしている人たちを見かけるのです。
c0110677_4475642.jpg


これは犬の糞を入れるための特別の袋を置いてあるところ。あいにく一枚も残っていませんでしたが、イラスト付きでかわいい袋なのです。お土産に一枚欲しいくらいです。しかし、こんなところに血税を使うバンクーバー。。。という思いもよぎります。
c0110677_4483486.jpg


キツツキのカップルを見つけて息を忍ばせているD君。彼はいろんなものを見つけるのが異様にうまいのです。私には点にしか見えない上空のワシや、鳥の卵、虹色の羽、アザラシ、いろんな虫、キノコ。。。どういう感覚をしているのでしょうか。
c0110677_4522278.jpg


こういう森って、行ったことないけどヨーロッパの森のイメージがあります。赤頭巾ちゃんが出てきそうです。平らで明るくて、両脇にはたくさんのベリーがなっているのです。しかし、そうすると狼だって出るでしょうね。現実には、ここを歩いていると虫の大群に襲われます。狼のほうがマシだ、という気分になります。
c0110677_4552658.jpg


緑の森と、、、
c0110677_4584152.jpg


赤いベリー。
c0110677_4592388.jpg


そして木漏れ日。薄曇、ときどき晴れ、という最高のハイキング日和でした。
c0110677_50996.jpg


こちらは池の傍にいた大きな亀さん。亀の鼻の穴って、ほんとにタダの穴だなと思いました。
c0110677_51664.jpg


それからこっちはビーバーがかじった木。まだかじったばかりのフレッシュなかじり跡でした。すぐ横の木にはビーバーがかじらないように金網が張ってありました。生きて労働に励むビーバーさんにはまだお目にかかったことがありませんが、D君は「あ、いた!」と言いました。「え、どこ、どこ」と言って見たら、水と茂みの間に隠れてしまったところでした。
c0110677_55177.jpg


この日はハックルベリーもたくさん摘んだので、帰ってベリーソースを作りました。お砂糖少々を入れて煮るだけ。乳脂肪分10%のソフトチーズみたいなヨーグルトにかけると、やたらと上等なデザートみたいな味になります。それにしてもこの真っ赤な色合い。。。いかにも偽物っぽい色ですが、まじりっけ無しの本物です。
c0110677_583316.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-07-06 05:08



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧