写真サイトです。

<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

街の明暗 Both sides of town

壁画シリーズ。気になっているのです。でも、こんなののどこがいいのか、というのも少なくありません。
Some more murals. I'm keeping them in mind these days. To be honest, I don't quite understand most of them.
c0110677_1574410.jpg


街はすっかりクリスマス。エルメスのウィンドウは金色の蝶です。近くにはティファニーとかルイ・ヴィトンとか、VIPが泊まると正面玄関に赤い絨毯が敷かれるホテルとか、私の日常とは別の世界が展開しています。
Chiristmas in everywhere in town, especially in the shopping area. This one is the window display of Hermes. Golden butterflies they are. Near Hermes boutique are Tiffany, Louis Vitton (I don't even know how it is spelled), and a fancy hotel where they place red carpet for VIPs. These are on the different sphere from my daily life.
c0110677_159109.jpg


一方でこういう現実もあるのです。知らない人も多いかもしれませんが、現代の日本でも細々と続いている救世軍の慈善鍋です。
On the other hand, there is reality like this. Many of you may not know this in Japan, but it is still being done there, too. It is the Salvation Army's charity pot (whatever it is really called...).
c0110677_15124321.jpg


カナダの歴史よりも古いデパート、ハドソン湾会社のウィンドウです。いつもお金のかかった凝ったディスプレイをしています。高級デパートなので、品揃えもディスプレーに見合った立派なお値段です。ディスプレイを見るだけでも楽しいのですが、デパートの外には大勢の浮浪者がたむろして、ゆっくり見るには辛い匂いを漂わせています。
Window display of the Hudson Bay company it is. This department store is much older than the country of Canada. As a high end department store, their display is always fancy just like the price of their merchandise. It is fun to look at these displays, but it is also difficult to do so for long because the outside of the store smells quite bad from the homeless people hanging out there on regular bases.
c0110677_15131532.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-29 15:17

カルチャークロール後半Culture Crawl 2

120リットルも作ったボルシチですが、一日で売り切れてしまいました。
We made 120 litre of borshch, but they were sold out in a day.
c0110677_836854.jpg


ソバの実とハトムギとザクロのサラダ。刻んだセロリなんかも入って、抗酸化作用が強そう。お肌にいいかも。。。2日半の労働の報酬として無断で頂戴しましたら、あっさりしてツブツブでおいしかったです。
Buckwheat and barley and pomegranate salad. The buckwheat is from Ukraina. There is also some chopped celery, and I think it is really quite full of antioxidant. I helped myself to a bowl of it as a payment for the 2 and half days of free labour. It was pretty good.
c0110677_8382888.jpg


これは市販のソーセージ。炒めた玉ねぎと一緒に長丸のパンにはさみ、ホットドッグにします。これはロシア料理と言えるのか。。。まあ言えるんでしょうね、たぶん。ロシアにパンとソーセージがあるところを見ると。
Store bought sausage and fried onion are made into a hotdog. Is this Russian food...? I suppose it is, since Russia has both sausage and buns...
c0110677_8405042.jpg


前菜セット。ものすごくニンニクがきついので、私は味見もしませんでした。手間隙かけて作っただけ。マッシュポテトをベースにしたのと、白い豆のと、焼きナスをベースにしたのと、ディップが3種類。それと赤カブとキュウリのピクルス、紙袋の中に3種類のクラッカー、という取り合わせです。
Appertizer plate. It's SO full of garlic, it's scary. I only helped make them, I didn't taste them. 3 kinds of dips(potato, beans, and baked eggplant base), pickled baby pickles and beets, and 3 kinds of crackers. All these are hand made by us, even the pickles.
c0110677_8431613.jpg


ヴァレニキです。ポロギとも言いますが、日本の方にとっては単にイモギョウザと言ったほうがいいかもしれません。外側はほんとに分厚いギョウザみたいで、中身はジャガイモとチーズを混ぜたクリーミーな具が入っています。これを茹でて、玉ねぎ入りの溶かしバターとサワークリームで食べます。ダイエットをしている人には向きません。
Vareniky. It is more well known as perogies, but for my Japanese friends these are better understood as potato-gyoza. The ourside is just like very thick gyoza. Inside varies, and this one has mashed potato and cheese mixture. They are boiled and served with onion butter sauce. If you are on diet, forget it.
c0110677_84743.jpg


ビゴスという典型的なロシア料理。サワークラウトとソーセージの蒸し焼きみたいなものです。火を通したサワークラウトはおいしいのです。ソーセージはコバサと言って、ロシア会館のキッチンで手作りしたもの。サワークラウトも同様です。念のため、サワークラウトというのはキャベツを刻んでいろんなスパイスと塩を混ぜて醗酵させたものです。
Typical Russian food called bigos, which is baked saurkrout and sausage. The cooked saurkrout is very tasty. The sausage is called kovassa, and we make it ourselves at the Hall, as well as the sourkrout.
c0110677_8494724.jpg


ベラルーシ風ラザーニャ、という名前が付いていますが、伝統料理ではなくてシェフの創作料理です。これは大人気で、半日で売り切れてしまいました。この「ラザーニャ」の材料は、ジャガイモ、キャベツ、玉ねぎ、マッシュルーム、それとクリーム。パスタ無し、トマト無し、肉無し、というもので、どこがラザーニャかというと、切り分けたときの形だけではないかと思います。パスタの代わりは薄切りにしたジャガイモなのですが、これ以上ないほど素朴な家庭の味で、普通のラザーニャより私はこっちのが好きです。一人で何度もお代わりしていた人もいたし、売り切れた後に残った汁を「捨てるのはもったいない」と家に持ち帰った人もいたほどでした。
Belarussian lazagnia. It is not really traditional Belarussian food, actually. Our cheff came up with the idea. It was so popular that after half a day all was gone. The ingredients were very humble. Potato, cabbage, onion, mushrooms, and cream they were. No pasta, no tomato, no meat. How is it lazagnia? I think its shape resembled it, but that's about all. I really liked it, too. Some guests had a few helpings for himself, and another guest took home the sauce that was left in the pan.
c0110677_8523980.jpg


配膳の様子です。すべてボランティアでやっているので、後の集計などできるだけ簡単になるように食券の料金も一律、メニューも単純に、というポリシーでやっているのに、こういうところに来てまで「半分だけちょうだい。お金は半額でいいでしょ。その食券を半分にちぎればいいじゃない」とか、「あれを多めに、これを少なめに、あれをこれと替えて」とか、頭にくるほどわがままを言う人がいます。「出口はあっちです。帰ってください」と言いそうになります、ほんと。
Serving. Since we are all volunteers, we have to keep things as simple as possible. But some guests are not very understanding of our situation, and tries to make all kinds of special requests as if we are Starbucks or something. It is tempting to point the door and tell them to get out.
c0110677_8584036.jpg


文句は言いつつも、盛況なのは嬉しかったです。皆様また来年もお越しください。
Anyhow... it was nice that our 'restaurant' was popular. Please, everyone, come again next year.
c0110677_954915.jpg


カルチャークロールの参加者は黄色い看板と黄色い風船が目印。これは個人住宅のアトリエですが、巨大な倉庫みたいなところにスタジオが何十軒(軒、でいいのかな?)も集まったところもあります。
The participants of the Culture Crawl place a yellow sign board and yellow baloons in front. This one is a private house, but there are some places where hundreds of small studios gather togher.
c0110677_972049.jpg


おまけ。これも近所の壁画です。
Another mural.
c0110677_910040.jpg


帰り道に見つけたのは、ストロベリーの木の実。見つけた、というか、これはよそ様の庭に植えてあるのですが、毎年冬になると一際おいしくかわいい実が成るのでチェックしているのです。
Berries of the Strawberry tree. It is a kind of Arbutus. Every winter they bear such lovely berries.
c0110677_911986.jpg


こんなにかわいいのに誰も収穫せず地面にぼてぼてと落ちるばかりなのは、この実が実はそれほど滅茶苦茶においしいわけではないからかもしれません。私は結構好きなのですが。アービュータスの仲間で、正確なラテン名は忘れましたが、「一粒」という意味の言葉がついています。一粒食べればもう十分、という意味だそうです。
They are so cute but not many people eat them. it may be because they are not the most tasty barries. I still like them anyway.
c0110677_9132990.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-24 09:17

カルチャークロール前半Culture Crawl 1

壁画シリーズの続きです。こんなのがたくさんある街なのです。
More murals.
c0110677_15541813.jpg


こんなのも。。。
And more...
c0110677_15555495.jpg


ロシア会館は、カルチャークロールというイベントに臨時レストランとして参加しました。これはロシア料理が並んだメニュー表です。ソバの実と麦のサラダ、ボルシチ、ヴァレニキ(イモぎょうざみたいなの)、サワークラウトとコバサ(ソーセージ)の煮物、イモとキャベツのラザーニャ風、焼きピロシキ。。。
Our Russian Hall participated at the Culture Crawl as a temporary restaurant. This is the menu.

素朴なソビエト風のメニューの割にはずいぶんと資本主義的なお値段でしたが、リッチなお客さんたちは大して気にもなさらなかったようです。ソーセージもサワークラウトもボルシチも、すべて一から手作りなので、材料費と手間を考えるとこういう値段にならざるを得ないという事情もあります。
The menu is humble like the Soviet Russia, but the price is of the agressive capitalist Russia. But our rich guests didn't seem to mind. Since everything is hand made from scratch, the price cannot help but reflect the cost.
c0110677_15564176.jpg


ボランティアスタッフのためのランチ。分厚く切った肉の塊と、玉ねぎのマヨネーズ和えみたいなのと、薄切りのパン。キュウリと赤カブのピクルスもあります。食べたきゃ食べろ、という感じで投げやりに置いてあります。
The lunch for us volunteers. 'Eat if you want', it seems to say.
c0110677_1621564.jpg


食べ物、と大書したポスターは、食べ物を探してうろうろしている人々を誘い込むためのダイレクトなメッセージです。後ろに見えるのは、クジを買って当てるための品々。日本語では何と言ったでしょうか。懸賞、、、ちょっと違うような。。。こうやってクジを売って維持運営のための資金の足しにするのです。賞品は、いろんな人から寄付されたもの。
A very direct mesage for the crawlers. I made this last year. What's on the table are the ruffle items for our fundraising. Since we don't get any funding from the city, it is not very easy to gather enough money to run the place.
c0110677_165451.jpg


大鍋でボルシチを作ります。
Making borshch in a huge pot.
c0110677_1610757.jpg


私が一人で膨らませた36個の風船の山。黄色い風船がイベント参加者の目印なのです。
The pile of 36 ballons that I blew all by myself...
c0110677_16121022.jpg


手作り保存食がずらりと並んだ部屋。床のバケツはサワークラウトが入っています。醗酵途中なのです。
Our storage room. Line up of home made food on the shelf, and the buckets on the floor hold saurkrout being fermented.
c0110677_16131094.jpg


壁には大きなソ連の地図。黄ばんでますねえ。
The soviet map on the wall.
c0110677_16142791.jpg


でっかいザクロ。何もこんなに、というほど大きいです。これをほぐして、麦とソバの実と一緒にサラダにしました。ソバの実を炊いただけのソバご飯はおいしいです。
Huge pomegranate for the buckwheat and pomegranate salad. I like the cooked buckwheat.
c0110677_16152097.jpg


おまけ。あずき、と日本語で書いた小豆アイスクリームを発見。シャリシャリしておいしいです。
I found a jar of red bean icecream that says 'azuki ice cream' in Japanese. Made in California.
c0110677_16172740.jpg


бруснИка(ブルースニカ)というベリーのジャム。コケモモの一種で、マイナス40度まで耐えられる常緑樹です。樹、というと木みたいだけど、足首くらいまでしかないそうです。(私にとっては)どんなジャムよりおいしいブルースニカは、リンゴンベリーとも呼ばれます。ほんのり甘くて、柔らかな酸味があって、はっきりしているけど強すぎない苦味があります。苦味にもいろいろありますが、全く不快と感じない類の苦味です。酸味と組んで外枠を作り、抑えた甘みが中身を守って完璧にバランスが取れている、という味です。味というのは私には立体なのです。
Brusnika is my favourite kind of berries ever. It is also known as lingonberry, and closely related to cranberry. They are native to norhtern Europe and northern Asia, and withstands minus 40 degree temperature. They grow very low, only to your anckle.

The jam tasts slightly bitter, mildly sweet and softly tart. And it's so pretty. The bitterness of brusnika is distinct but of pleasant kind, and seem to make the outside wall with the tartness. Then the sweetness fills the inside, making a beautiful balance. For me, taste is three dimentional.
c0110677_16184582.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-23 16:28

最近の様子

真っ赤なポタージュを作りました。材料はシンプルで、赤カブとニンジンとジャガイモと玉ねぎだけ。これをスープストックで煮込んで蜂蜜と岩塩で調えました。乳脂肪分10%のぼってりしたヨーグルトを入れたら、きれいなマーブルができました。ヨーグルトの酸味と蜂蜜の甘みでバランスも取れ、簡単なのにおいしくできました。
Bright red soup I made. It's very simple. Just beets, carrot, potato and onion. I cooked the vegetables with soup stock, and seasoned with honey and rock salt. With 10% MF yogurt, it made a lovely marble pattern.

いつも私の実験的なロシア料理を勇敢に食べてくれるロシア人の友達に言わせると、これもボルシチだそうです。赤カブが入っていれば何でもボルシチなのかと思いきや、緑や白のボルシチがあったりもするのです。何を基準にボルシチと呼ぶのか、いまだ謎は解明されていません。
According to my Russian friends, this is also borshch. Is it all borshch if the soup has beets? But there are borshch without beets also. I don't yet know the standard there...
c0110677_338493.jpg


友達が高級スーパーの割引券をくれました。定価では絶対に買いものなんかできないお店で、2割引のクーポンを使ったってそんなに安くないのですが、品揃えが格段に良くて見て回るだけでも楽しいので、さっそく行ってきました。
A friend gave me a 20% off coupon for a fancy supermarket. It's still expensive even with the coupon, but I went there right away anyway.

これはお酢を売ってる棚の一部にあったのですが、なんと鍵がかかっています。鍵をかけるほどの酢ってどんなのだろうと思ったら。。。はい、やはりお値段がそれなりでした。小瓶一つで2万円弱というものです。2割引してもらっても、これじゃあねえ。。。思ったとおりイタリアの本物のバルサミコなどでしたが、世の中には値札というのは単に数字の並んだ記号に過ぎないという人も実際にいるので、それなりに需要があるのでしょう。
Locked showcase in the vinegar corner. Locked vinegar? Do they have liquid gold in them? The small bottles are about 200 dollars each. As suspected, they are real aged balsamic from Italy. For some people out there, the price tags are just numbers. I suppose there is demand for things like this.
c0110677_3464428.jpg


11月半ばにして世はすでにクリスマスですが、実はひっそりとハヌカの季節でもあります。ハヌカというのはユダヤ教のクリスマスのようなもので、青と白がテーマカラーみたいです。7本かだ9本だかのロウソクを立てる半円の蜀台もキーアイテムです。
It's all Christmas out there already, but it is also the season for Hanuka. I don't really know what Hanuka is. It's Jewish celebration, and blue and white seem to be the key colours.

あいにく私はハヌカのことをよく知らないのです。カナダにはいろんな人たちがいるので、クリスマス時季の挨拶も「メリークリスマス」ではなくて「ハッピーホリデーズ」と言ったりしますが、それはクリスマスの宗教性に相容れない人たちが少なくないからです。まあ、実際には見たところクリスマスとキリスト教は無関係に近いようですけれど。
Did you know that Christmas is religious holiday, by the way? I thought it was the holiday for the shopping malls, but someone said no it isn't...
c0110677_3543614.jpg


デリのコーナーにはお寿司も並んでいます。バンクーバーにはやたらとお寿司屋さんが多いのです。お味のほうは、日本のイタリア料理が本場イタリアのとかけ離れているように、すっかりカナダのジャパニーズです。
Deli corner has Sushi. Vancouver is so full of sushi restaurant, it's crazy. As for the taste of these sushi, just think of Italian cuisine in Japan which is not very Italian any longer.
c0110677_405554.jpg


大きな入れ物にほんのちょっとだけ入って売ってる、これは一体何だろうと思ったら、ピザの生地なのでした。これを醗酵させてふくらませ、丸く広げて手作りします。手作りピザはおいしいです。もともとは残り野菜や肉の切れ端など、何でも乗せて焼いたのでしょう。ボルシチと同じだし、日本の(うちの)家庭の味噌汁とも同じ。人間は一人一人見るとずいぶん違うようだけれど、全体的に見ると似ています。
A little bit of something in a big container. It is the dough for the pizza. Anything goes on the pizza, just like borshch, and our own miso soup. Humans have similar thought patters everywhere.
c0110677_433164.jpg


モザイクでできた大きな壁画。2階まで吹き抜けの大きなホールにあります。今はドラッグストアになっていますが、もともとはどういう場所だったのでしょう。
Big mural made of mozaic.
c0110677_492073.jpg


ロシア語コーラスの様子です。ここ数年すっかり老人コーラスと化していましたが、最近はなぜか急に若返りが進んでいます。音痴でもいい、集って歌おうという気持ちのある若い人たちが集まってきたのは素晴らしいことです。
Russian choir. For the last several years, it was really looking like the senior citizens choir. But somehow recently we are having more yonger people. it is wonderful.
c0110677_4141834.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-20 04:17

誕生日の続き

自作の詩を披露するおじいさん。お医者さんなので、ボスの入院生活を詩になさいました。90歳近いのですが、ほれぼれするほどのバスを響かせる歌手でもあります。
c0110677_5302395.jpg


ディナーはセルフサービス。
c0110677_5312634.jpg


これだけ並んだお料理を全部手作りするのです。ロシアの家庭の味として定評があるので、これを目当てにやってくる人も少なくありません。サワークラウトもソーセージもピクルスも、全部手作りです。
c0110677_532363.jpg


私のお皿に乗るのは野菜料理ばかりですが、それでもこんなにあります。どれもほんとにおいしいのです。
c0110677_5335636.jpg


テーブルの上の飾りは、ヒイラギの赤い実とナイトシェードの赤い実。どちらも毒入りですが、かわいいです。
c0110677_5345572.jpg


最後に特別出演、本日の主役のおじいさんです。お誕生日おめでとうございます。
c0110677_5365159.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-17 05:37

誕生日パーティー

昨日はロシア会館のボスのおじいさんの80歳の誕生日パーティーでした。東欧系移民社会で長年貢献なさっている方なので、たくさんの人たちがお祝いに集いました。一年前に交通事故に遭ってから長いこと入院していらっしゃいましたが、最近は車椅子で動き回れるほどに回復なさいました。

彼はもともとロシア会館のシェフでもいらしたので、早いとこ全面回復して働いていただかないとキッチンが大変です。若い頃は歌もプロ級だったので、当然コーラスでも欠かせない人物です。コーラスの最年長は現在90歳。かつては99歳という方もいらっしゃいました。たかが80歳くらいで年だ年だと文句を言わず、いい加減で戻ってきてもらわないと困るのです。よろしくお願いしますよ、おじいさん。

これは本日のメニュー。これでもかというほど並んでいます。
c0110677_4595555.jpg


c0110677_510532.jpg


これは前菜の数々。
c0110677_5104250.jpg


ロシア会館の歴史を写真で綴った展示です。
c0110677_5113634.jpg


バーも開いていました。ロシア系と言ってもほとんどは本場の人たちではないので、ウォッカの空き瓶がゴロゴロ転がるという事態にはなりません。
c0110677_512333.jpg


お祝いのカードがたくさん。
c0110677_5145033.jpg


おじいさんの高校時代の同級生は、古い写真を引っ張り出してこんなポスターを作りました。
c0110677_5152522.jpg


前菜の後はエンターテイメント。ベリーダンサーのお姉さんたちです。おじいさんたちがニコニコして見入っていました。
c0110677_518189.jpg


続きましてはギターの弾き語り。自作の社会風刺の歌を歌うのはメンバーのおばさんです。
c0110677_520284.jpg


ソビエトでトレーニングしたコロラチューラソプラノのオペラ歌手のおばさんは、いくつになってもフランス人形のようなドレスでガラスが割れそうな歌声を響かせます。伴奏はボスの息子さんのピアニスト。全国公演のミュージカルで活躍する腕前の彼は小学生の頃からロシア語コーラスの伴奏をしていました。一種の天才なのです。
c0110677_522817.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-17 04:59

もうすぐ冬です

紅葉も半分以上散った晩秋のバンクーバーです。雨の切れ間の日に撮りました。
c0110677_246229.jpg


遠くにダウンタウンが見えます。
c0110677_2485042.jpg


某Mr.Yのために、工事現場の様子など。
c0110677_2494955.jpg


c0110677_2505976.jpg


通行止めにして何をしているのかと思ったら。。。
c0110677_252276.jpg


街路樹の枝を払っていたのでした。
c0110677_2534819.jpg


しだれ柳みたいな白樺で作ったテント。子供にとっては最高の砦でしょう。私の子供の頃は家の片隅でタバコ屋さんをやっていました。タバコのダンボールがたくさんあったので、それでいつもお座敷に立派な砦を建設していたのを思い出します。
c0110677_255637.jpg


別の家の庭。こういうのもいいですね。
c0110677_2583425.jpg


こういうド派手な色の家もたくさんあります。
c0110677_2594710.jpg


コーヒーショップの様子など。
c0110677_30359.jpg


c0110677_311876.jpg


c0110677_315947.jpg


c0110677_323092.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-12 03:02

壁画プロジェクト

これはまだ構想段階の一番最初のところです。建物のラフなスケッチと、壁画家の人のこれまでの作品などを展示しています。地元の人たちに呼びかけてミーティングを開き、参加希望者とアイディアを募っているところです。
c0110677_2225152.jpg


会合の様子。20人ほどの参加者がありました。この日の私の仕事は、お茶とお茶菓子係り。メンバーの手作りの甘いピロシキをお出ししました。
c0110677_2255771.jpg


これは揚げたのではなくて焼いたピロシキ。中身はナツメとプルーンとクルミのペーストです。フルーツとナッツだけのこういう味は私の好みなのです。
c0110677_2301253.jpg


会場の飾りは当然マトリョーシカ。下に敷いている赤いのはロシアのショールです。背景の絵は75周年記念に描いたもので、ロシア系の人たちが拓いた地元の特徴的な建物をデザインしました。
c0110677_2324518.jpg


このお人形はなぜか大切なものであるらしく、ボスのおばあさんが何かというと引っ張り出してきます。どうしても写真を撮れというので撮りました。背景のポスターはロシアの民族衣装のコレクションです。
c0110677_2363047.jpg


ロシアといえばやっぱりこれですね。漆塗りです。
c0110677_2401138.jpg


こういう木彫りの民芸品もいいし。。。
c0110677_2411161.jpg


こういうのも好きです。これはベラルーシの伝統的な麦わら絵です。
c0110677_2422427.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-12 02:33

壁画

ロシア会館では今度壁画を描くことになりました。個人的には気乗りがしないのですが、まあついでですので地元に散在する壁画をお目にかけましょう。
c0110677_15213626.jpg


c0110677_1523917.jpg


c0110677_15234622.jpg


c0110677_15242826.jpg


c0110677_15275451.jpg


c0110677_15283360.jpg


c0110677_1529597.jpg


c0110677_1530132.jpg

c0110677_15303836.jpg


c0110677_15311591.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-11-11 15:25



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧