写真サイトです。

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大雪

バンクーバーは最近大雪です。これほどたくさん降るのは、この街では珍しいのです。バンクーバーを一歩離れて郊外の街にいくと、これくらいは毎年普通のことなのですが。
Heavy snow storm hit Vancouver. It is quite unusual for this town. Once outside of Vancouver, this much snow is usual in the suburbs.

歩道の雪かきは、その歩道に面した家の責任です。それでも、こんなふうに細くかいたり、全然かかなかったりする家もたくさんあります。すれ違うときなど、腰の辺りまで積もった雪の山に突っ込みそうで結構怖いです。この道はまだずいぶんマシなほうです。
Shoveling the snow on the sidewalk is the responsibility of the house that is facing the sidewalk. However, not everyone shovels, and some shovel a narrow path. At times I almost fell into the almost metre high snow bank while trying to walk by another pedestrian coming toward me.
c0110677_11535197.jpg


この車を運転したければ、どれほどの苦労が必要でしょうか。春までは公共交通機関に頼るか、冬眠でもするのがいいのではないでしょうか。
I wonder just how much work it is to get into this car and drive it. In my opinion it is better to rely on the public transit until spring or to simply hybernate.
c0110677_11562381.jpg


道路もこんな感じ。バンクーバーには除雪車が3台しかないので、主要な大通り以外は手が回らないのです。
Streets are like this. Vancouver has only 3 snow-shoveling trucks. They are busy prowling the main streets, and cannot get around to the side streets like this one.
c0110677_11582873.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-25 12:26

雪娘 Snow maiden (スリランカのチャイ)

図書館に行ったら、なぜかこんなものが。。。ロシアのサンタさんの孫娘、雪娘です。ロシアでは普通は15歳くらいの幼さの残る少女として描かれるのですが、ここではちょっと恐ろしげなお姉さんになっていて、説明書を見るとサンタさんの娘になっています。
Somehow, this thing was displayed at the central library. It is the granddaughter of Santa Clause in Russia. In Russia, she is usually shown as a sweet girl of 15 or so. Here, she seems much older and tougher. The description of the displayed explained that she is the daughter of Santa Clause.

これはやはり本場の通説に従うのが妥当だと思うのですが、そうするとサンタさんの息子夫婦はどこにいるのでしょう。ある人物が同時に誰かの孫であり娘であるというのが可能である状況は、ある友人によると存在するのだそうです。詳しく説明してくれましたが、どうも全然理解できませんでした。
I think it is better to stick to the commonly accepted theory in Russia. But then, where are the son and his wife of Santa Clause? According to my complicated friend, there exists a condition that a person is simultaniously the daughter and the granddaughter of someone. He explained it to me in detail, but I didn't understand it at all.
c0110677_1044333.jpg


突然ですが、チャイの作り方をご紹介しましょう。鍋に安い紅茶のティーバッグを入れ、水少々も入れます。もちろん、ティーバッグである必要は全然ないのですけれど。味も色も強く濃く出る種類であれば、何でも構いません。繊細で上等の紅茶は合いません。ここにいろんなスパイスも放り込みます。シナモン、カルダモン、ショウガ、クローブという辺りがお決まりですが、お好みでバニラ、コショウ、オレンジピールなども合います。

さて、次はこれを煮立てます。ぐつぐつ煮ていると真っ黒になってきますので、そうなったら蜂蜜か砂糖を入れます。それを煮溶かしたら、濃い目のミルクを入れます。これを沸騰直前まで温めます。ミルクを入れてからさらにコトコトと弱火で煮るのが好きだ、という場合はそれでも構いません。それから茶漉しで漉して別の鍋に入れます。本場スリランカでは、これをカップに入れて、もう一つのカップに高いところから注いで、というのを繰り返すそうです。そうやって少し温度を低くして、空気も入れて味をまろやかにするのです。

でも、これは上手にやらないとかなり台所がチャイだらけになります。それで、私の大発明はこれ、泡たて器なのです。カシャカシャとかき混ぜるのは結構心楽しく、甘くてミルキーで滑らか、かつスパイスが涼しい、おいしいチャイができます。分量はどれも適当でいいので、何度か作って自分の好みの味を見つけるのがいいと思います。水の量はミルクと同量くらいか、少なめがいいようです。なお、チャイの甘みは後から入れるよりミルクの前のほうが馴染みが良くておいしいようです。
c0110677_10155156.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-23 10:31

雪が降りました

急に寒くなって、朝見たら白。
The temperature suddenly dropped, and it was all white one morning.
c0110677_15111737.jpg


赤白緑はやっぱりかわいい組み合わせ。
Red, white and green is a pretty combination indeed.
c0110677_15121870.jpg


隣町の山も雪化粧です。
Mountains are dusted with fresh snow.
c0110677_151318.jpg


ちょっとお洒落なホテルはヨーロッパみたいです。
Rather European, isn't it?
c0110677_15135830.jpg


年配のお友達がクリスマスの飾りつけを一緒にしようと言って招いてくださいました。小さな子供がいるわけでもないのに、二人で毎年こうしていろんな工夫をこらしたツリーを飾っていらっしゃいます。こういうのって素敵だなと思うのです。
My older friends kindly invited me to decorate thier Christmas tree together. There is no small children in the house, but they still create such a lovely tree together every year. I think that it is very charming that they do that.
c0110677_15143820.jpg


できあがり。クリスマスツリーはおばあさんがその辺から取って来た木の枝を自分で白く塗ったのです。飾りは小鳥とか蝶とか鹿とか、いろいろあります。ああでもない、こうでもない、と言いながら、お話しを作るように飾りました。右はクリスマスカードのコーナー。増えるにつれてたくさん並びます。
Done! The tree is actually just a big branch that she brought from somewhere nearby. She painted it white herself, too. We decorated the tree with various ornaments like little birds, butterflies, and deer. We decorated them as we discussed the placement of them as if we were making a story. On the right is the Christmas card corner.
c0110677_15163349.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-16 15:18

晩御飯そのほか

D君が好きな食べ物、グリルチーズ・サンドイッチ。パンにバターを塗って、チーズを挟んでさらに両面をバター焼きにする、というものです。これにケチャップというのがクラシックですが、彼の好みはワサビ。チーズとワサビは結構合います。

横のスープはロシア会館のシェフのを真似て私が作ったもの。労働の報酬にジャガイモとサワークリームの余り物を頂いたものですから。サワークリーム入りのコーンシチューは、こくがあっておいしかったです。コショウは白いのがあれば綺麗いいだろうなと思います。
My husband likes North American food like this grilled cheese sandwiches. He likes it with wasabi, which may be a bit of west coast twist. Cheese and wasabi in fact go welll together.

The soup beside is the corn chowder I made similar to the one our chef at the Russian Hall made. I made it because they gave me potato and sour cream leftover as a payment for my free labour. The cream soup with sour cream turned out to be quite good. I wish I had white pepper, though.
c0110677_13434035.jpg


丸くて大きな月が出ていました。月はときどきとても大きく見えます。
Big, clear full moon was in the twilight. The moon sometimes seems so big.
c0110677_13483335.jpg


クリスマスに向けてずいぶん張り切っているおうち。クリスマスもあと2週間と近づいて、街の飾りも華やかになってきました。
Lots of Christmas decorations on this house. As the Christmas in only 2 weeks away, lots of houses have similar decorations.
c0110677_13501270.jpg


壁画。これは市が希望者を募って自由に描かせたもの。これは実は落書き対策でもあるのです。市内にはあちこちに派手な落書きをする人たちがいるので、こうしてお金を与えて描かせて絵のスタイルを把握しておくのだそうです。そんな手には乗らない、という人たちもいますが。でもまあ、それにしてもこういう醜悪な絵を何年も一目に付くところにさらす感覚は私には理解できません。
c0110677_13522111.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-14 14:40

壁画

まだある壁画。。。これはこれで、何にも無いコンクリートよりはマシという意見もあります。私は。。。壁画よりは建築そのものにデザインがあるほうが好きです。イスラム教徒ではありませんが、あんまり大きな具象のものが描かれているのはどうも落ち着かないのです。
Yet more murals.I personally prefer having designs on architecture itself rather than murals. I'm not muslim, but I feel more comfortable with patterned surroundings.

写真も同様。広告などで大きく人の顔が出ていたりしますが、できれば見たくないのです。目障り、見苦しい、というのもありますが、生きた人間が似合わないと思うのです。建物とか壁画とかいうのは背景であったほうがいいような気がします。顔のあるものは私はどうも嫌です。人形が怖いとか気持ち悪いとかいう人もいますが、それに似た感覚も混じっているのかもしれません。
Same goes with ads as well. I rather not see them when there are huge image of someone's face showing. I find them difficult to take. I don't think that living humans don't suit such images. I prefer the architecture and the mural to play the role of the background. I don't like the image of a face very much. Some people find dolls creepy. mine feeling might have some of it, too.

これはクリスマスシーズンになると現れる窓絵。「季節のご挨拶」と書かれています。いろんな宗教の人がいるので、「メリークリスマス」は不適切だという理由からです。これもガラス絵です。普通はポスターカラーと油性マジックで描かれています。なかには凝ったのもありますが、大抵は呆れるほどいい加減な絵です。私も何度かやったことがあります。
This is a glass painting on store window. These things pop up all over the town around the Christmas. They are usually made with tempera and magic marker. Most of them are so unskillful to say the least. I have done some myself.
c0110677_1050555.jpg


c0110677_10513223.jpg


c0110677_10521091.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-09 10:58

コンサート 2

今日のコンサートも、いつものようにプログラムはメンバーや友人達のタレントショー。今ではロシア会館自前のグループはコーラスだけですが、寄せ集めるとなんとかなるものです。今回の出演者は、90歳前後の詩人で歌手のおじいさん、ボールルームダンスでオリンピック候補に目されていた女の子の踊り、スロベニア正教会のアカペラコーラス、レバノン人のおじさんのソロの歌声、ギターソロ、というもの。家庭的で玉石混合で、結構楽しいのです。
As usual, our concert program consisted of various talented people among our members and friends. Our Hall's own group is now only our choir. We used to have lots more own cultural groups here, such as a few orchestras and dance groups.

これはスロベニア正教会のみなさん。小さな子供も二人いました。男声は一人。どちらのコーラスも男声を集めるのは難しいようです。
Slovenian Orthodox church choir. There is only one male singer. I suppose it is difficult to find interested men for any choir.
c0110677_15195311.jpg


狭い会場ですが、結構一杯になりました。80人程度でしょうか。
Our small auditorium was filled with maybe 80 people.
c0110677_15212831.jpg


セクシーでパワフルなダンサーの女の子。ステレオが壊れて音楽がない、というトラブルがあったのですが、彼女は全く動じないで観客に手拍子を促し、リズミカルに踊り続けました。
Sexy and powerful girl doing the ball-room dancing. There was a trouble with the sound system, and she had no music. But she calmly asked the audience to keep rythm with hands, and kept dancing.
c0110677_15222824.jpg


観客を巻き込んで踊ります。全部で3曲でしたが、最初の曲で引っ張り出されたおじさんも、とっても幸せそうでした。
She danced with a selected audience. On a different dance, a gentleman was pulled out. He looked quite very happy also.
c0110677_15244748.jpg


これは前菜のジャガイモディップ。
Potato dip.
c0110677_15262280.jpg


ジャガイモとコーンのスープ。
Potato and corn chawder.
c0110677_15271846.jpg


軽く焦げたドライなチーズがおいしい、カリカリの焼きジャガイモ。ジャガイモにもいろいろあって、これは黄色っぽくて甘みの強いタイプです。
Potato wedge with parmezan cheese. Yukon gold it was.
c0110677_15281760.jpg


ジャガイモの行列。
A line up of potatos.
c0110677_15302174.jpg


私のお皿に乗っているのは例によってベジタリアンものばかりですが、結構おなかいっぱいになるのです。素朴でおいしいロシア料理が私は大好きです。いつか本場に行きたいものですが、かなり肉食な気もしてちょっと怖いです。。。
These are all vegetarian food, but I love my Russian food. One day I want to go to Russia. But I'm a little scared that they may eat a lot of meat there.
c0110677_1531746.jpg


シェフのおばさん、あるいはお姉さまは、いつも信じられないくらいの長時間重労働をなさいます。彼女への感謝の印に、ガラス絵でキッチンの看板をつくりました。言葉遊びで「アイリーンの売春宿」と描いてあるのです。なお、これは私の発案ではありません。こんなのが欲しい、とつぶやいたシェフの言葉をこっそり覚えておいたアシスタントからのリクエストでした。お姉さまの経営なさる売春宿の美女たちというのは、やはり私たちキッチンスタッフのことでしょうか。「いらっしゃい、おいしいボルシチがあるわよ」と誘うんでしょうね、やっぱり。
Our chef always does such a heavy labour for such a long time. This is just a token of appreciation from all of us kitchen staff. Her assistant chef remembered her saying that she wanted a sign like this. Now, are the beautiful girls of her brothel ... us, her kitchen staff? How should we call out? 'Come on in, we have tasty borshch', I guess?
c0110677_1533283.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-08 15:38

コンサート 1

今日はロシア会館でコンサートをしました。クリスマスにはちょっと早いので、今回のテーマは国連ジャガイモ年にちなんで「ジャガイモ」。皆様、ご存知でしたか、2008年はジャガイモの年だったことを。
We had a concert at our Russian Hall today. It is a little early for Christmas, so our theme today was based on the 'united Nation's World Potato Year'. Did you know that 2008 was the year of potato?
c0110677_14511982.jpg


テーブルの飾りはワタクシの力作、ロシア風イケバナでございます。ジャガイモとミニトマトを竹串に刺したのです。
The decoration on the table is my masterpiece Russian Canadian Ikebana, the skewed potato and tomato.
c0110677_14522152.jpg


こちらはメニュー表。ジャガイモばっかり、よくもこれだけ並んだものです。
ポテトとコーンのクリームスープ、オーブンで焼いたジャガイモ、ジャガイモとニンニクのディップ、ジャガイモと七面鳥のサラダ、ミニ・ポテトケーキ、ジャガイモとチーズのロシア風ギョウザ、ジャガイモとサーモンのコロッケ風、ジャガイモとナスビのラザーニャ風、というものです。
Here is the menu. Potato after potato...
c0110677_1454343.jpg


いつもはメインのお料理に押されて影の薄いデザートエリア。こういうのは普通は寄付でまかないます。つまり、お菓子屋さんの売れ残りです。行政からの寄付金が無い分、いろんなネットワークがあるのです。コミュニティー活動は助け合いだなということを実感します。いつものベーカリーが閉店してしまったので、今回は私の働いているお店から新品のお菓子を調達していただきました。どうもありがとうございました。
The dessert area is not usually in focus very much. We usually receive donations of day-olds from our baker friends. We don't have funding from the municipality, but instead we have networks of friends. This time the sweets were all donated by the store I work for, and they are fresh ones, too. Thank you very much.
c0110677_145929.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-08 15:09

水道工事

家のまん前で道路から水がもれています。3日くらいして、やっと市の係りの人たちがやってきました。ところが、彼らは道路に印だけ着けて帰ってしまいました。そしてなぜかその日の朝の3時に戻ってきて、アスファルトを切って行きました。フロントローダーという、前にシャベルみたいなのが付いた大きなトラックでやってきて、すごい音を立てて道路工事をしたのです。どうしても真っ暗な3時に来てそれをしなければならない事情があったのでしょう。

しかし、、、それから3日ほど経った今日でも、こうやって板でふさがれたまま変化なし。どうなっているのか実に不思議です。
There is water leaking in front of my house. After 3 days or so, the city people came. But somehow they simply marked the road and left. Then they came back in the middle of the night, 3 AM!, and worked on the road. They came with the huge front-loader truck, cut the asphalt and made a lot of noise. I suppose they had an absolutely necessary reason why they had to come at 3 in the morning.

However, almost 3 days later the spot looks just like this. I don't quite understand the way things are done at times.
c0110677_1033323.jpg


c0110677_10342139.jpg


おまけ。これは何と言う名前なのでしょうか。消火栓、だったかな。(消火栓でいいそうです。よかった、よかった。たまに自分の日本語能力に疑問を持つものですから。。。)
What is this thing called?...(My husband told me that it is called 'fire hydrant'. )
c0110677_1035441.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2008-12-04 10:35



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧