写真サイトです。

<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

オリンピックと春とロシア音楽祭の後

オリンピックが終わって、早速しわ寄せがやって来ました。バス料金の値上げです。これはほんの一部で、オリンピックに予算を取られて活動が制限されている部門は至るところにあるのですが、個人的にバスの値上げは痛いです。便利になった部分もあるのは確かなのですが、不必要にかっこいい(しかし実用的でない)停留所とか、そんなのはいいから安くしてくれ、と思ったりします。
Now, the Olympic is over. It's time to pay for it. They increased the bus fare. Everywhere one looks there is influence of Olympic financially, and not favourably. Personally, the increased bus fare hurts. Certainly there are some improvement in the trasit system. But it annoys me when I see unnecessarily fancy and impractical new designs in the transit system such as near useless new bus stop fixtures.
c0110677_14491266.jpg


ここ数日、冬に戻ったような寒さが続いています。山には新しい雪が積もりました。
These days it has been rather quite chilly. The mountains are coated with new snow.
c0110677_1450649.jpg


この前のロシア音楽祭の参加賞です。結構本格的なのですね。
They gave us this thing for participating in the Russian Music Festival. I'm surprised that they bother with such formality.
c0110677_1451890.jpg


賞状もあります。
Here's even a piece of certificate.
c0110677_14513180.jpg


新聞記事まで。。。そういえば、この前YouTubeにビデオを載せたら、なんとロシア語でコメントが来ました。すごーい、ロシアの人が見てるんだ、と思いました。国際的に有名なコーラス団になった気分です。自動翻訳サイトで訳してみたら褒め言葉だったので、がんばってお返事を書きました。私のロシア語では「スパシーバ(ありがとう)」しか書けないので、自動翻訳サイトに頼りました。
And here's a newspaper article. Oh, I got a comment in Russian on my YouTube video. So cool! I feel as if we are world famous choir. I used the automated translation service, and it turned out to be a compliment. So I wrote back in Russian, also using the auto-translation. Otherwise, all I can write is 'Sposivo (thank you)'.
c0110677_14574177.jpg


さて、この記事はどの新聞かというと、バンクーバーにいくつかある無料のロシア語コミュニティー新聞の一つです。私もずっと前に載ったことがあります。紙面の半分は広告で埋まっているような新聞ですが、これってコミュニティー新聞の宿命なのかもしれません。
The article was in this paper. It is one of those free Russian community papers. I was in one of them before, too. Half the paper is ads. But I suppose that's how this kind of paper survives.
c0110677_14594985.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-31 15:12

好きな花

何という名前なのでしょう。D君から何度も聞いたのに忘れてしまいます。そういえば、このサイトの片隅にひっそりと載せている花は私が一番好きな花です。学校の運動場とか駐車場とか、いかにも生えにくそうなところにばかり生えている草の花です。ニワゼキジョウという名前だそうです。北米原産で、日本には明治時代に観賞用として輸入されたものが野生化したのだそうです。もちろん原産地であるカナダにもありますが、どうも色や風情が違います。日本ののほうがかわいいです。
I just cannot remember the name of this flower. What was it? I really like this flower. Oh, and the tiny photo on the corner of this site is my all time favourite, the old blue eyes. It is originally from North America, but was introduced to Japan over 100 years ago. It then became weed in its new land over time. They seem to like tough, dry, poor soil, exclusively. The Japanese version of this plant is slightly different in its appearance from the original North American one. I prefer the Japanese ones.

追加です。D君が花の名前を教えてくれました。Japanese Kerriaだそうです。日本語は何だろうと思ったら、ヤマブキでした。山吹色とか言いますね、そういえば。
c0110677_13353152.jpg


c0110677_1336090.jpg


c0110677_13361844.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-29 13:37

ボルシチができました。

ボルシチとくれば、やっぱりライ麦パン。これはウクライナのです。ライ麦パンにもいろいろあって、びっくりするほど重くて真っ黒いのもあります。

Borshch is best when served with rye bread. This one is Ukrainian. Some rye breads are so dark that almost black, and so heavy like a brick.
c0110677_13554695.jpg


まな板にスパイスの染みが付いてますが。。。ライ麦パンはこんな感じです。

Just ignore the spice stain on the cutting board... this is how the bread looks like.
c0110677_13564153.jpg


こってりしたヨーグルトを入れて食べます。何か忘れているような、と思っていたら、ディルを忘れていたのでした。ロシア料理には付き物のハーブです。あると風味がいいです。あとはクヴァスがあれば最高ですが、クヴァスはロシア食料品店に行かなければ手に入らないのです。クヴァスというのはコーラみたいな見かけの炭酸飲料で、梅酒風味の黒ビールみたいな味です。アルコール入りのと抜きのがあります。

I serve my borshch with 10% yogurt. I forgot dill, though. Dill is very important in the Russian food. Another thing that would be very nice is kvas. It's a dark, fizzy drink from Russia. But I have to go to a Russian grocery store to get one. It's sweet and fruity, and tastes somewhat like dark beer. I love kvas. The soft drink version of this kvas is supposed to be alcohol free (but it sometimes is over fermented)...
c0110677_13574178.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-28 14:01

ボルシチ作り

近所の家なのですが、なぜか一年中家の外にいろんな旗を出していらっしゃいます。
For some unknown reason, these people always have a flag of one kind or another.
c0110677_11405318.jpg


最近は春だからか、こんな旗です。
And here's their spring flag.
c0110677_11421317.jpg


久しぶりにボルシチを作っています。普段は普通の緑色のキャベツを使うのですが、今日は赤キャベツを使いました。
I made borshch. I do this from time to time. Usually I use green cabbage, but this time I used red cabbage.
c0110677_1143111.jpg


赤っぽい材料ばかり集めて刻みます。赤玉ねぎ、赤キャベツ、にんじん、赤ピーマン、缶詰のトマト、そして忘れてならないのが赤カブです。作りかたは簡単。油で炒めてから煮込むだけ。私はオリーブオイルを使います。味付けは化学調味料の入っていないスープキューブと岩塩です。
All kinds of red vegetables are chopped. Red onion, red cabbage, carrot, red pepper, canned (crushed) tomato, and of course, beets. I simply fried them with olive oil, and simmered with some MSG-free soup stock, and seasoned with rock salt.
c0110677_11453897.jpg


一応こんなになりました。仕上げはまた後ほど。。。野菜はほんの一つずつなのですが、集まるとすごい量になります。
Here it is... I only use a few each of vegetables, but the result is huge.
c0110677_11464770.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-28 11:47

お食事会

近所で新しく家を建てているところがあります。こうしてみると、家ってほんとに空間を平面で区切った場所ですね。
A construction in the neighourhood. A house is a space divided by flat surfaces indeed.
c0110677_1352199.jpg


夕方はお店の食事会に行きました。食費は一人25ドルまでお店持ちというもの。約2500円です。日本と違うなと思うのは、この金額には決してアルコール類が含まれないということです。お酒を飲みたい人は自分持ちになります。先日からのオリンピックの騒動で大忙しだったので、今回はその労いのためのお食事会なのでした。
In the evening I went to a dinner party from my store. The budget is $25 per person paid by the store. Thank you, Mr. President! This dinner is for all the hard work we did during the Olympic. Unlike Japanese corporate dinner, the budget does not include alcohol. If one decides to drink, they have to pay for it for themselves.

行き先はステーキハウス。ベジタリアンが行ってどうする、という場所ですね。メニューは当然肉料理ばかり。それとお酒。デザートメニューにあったコーヒー類さえ、すべてお酒入りでした。しかもお隣はストリップ劇場。普段の私にはあまり縁のない世界ですが、広い店内がぎっしりで大繁盛していました。
The dinner was at a stake house. It's not exactly a place for vegetarians. The menu mostly consists of meat and alcohol. Even the coffees in the desert menu contains alcohol. On top of that, the place is right next door to the strip club. The restaurant like this is not part of my daily life, but it was sure busy! The huge 2 story restaurant with so many tables were filled with customers.

私が頼んだのは、これ。前菜セットです。日本では見かけないヤム芋というオレンジ色のサツマイモみたいなのの揚げたの、あんまりおいしくないキノコ、それとアスパラガスです。ロシア人はキノコが大好きで、私も別に嫌いではないのですが、あんまりたくさんは好きではありません。20歳過ぎくらいまではキノコに強い恐怖感を持っていました。写真でさえ直視できなかったくらい。。。でも今は平気です。
I ordered this appetizer set. Fried yam, not so tasty mushrooms, and some asparagus. Russians love their mushrooms. I like them, too, but I don't want them in quantity. I used to be so afraid of mushrooms. I couldn't even look at the photos with peace of mind. I'm fine now though.
c0110677_13194897.jpg


前菜セットはお店のみんながつついてあらかた食べてしまいました。それでもう一つ頼んだのはほうれん草のサラダ。カリカリして甘いナッツ、甘いクランベリー、温州みかん、それとブルーチーズのトッピングです。ブルーチーズって、よく考えたら青いカビです。これもかなり気持ち悪い食品かもしれません。味も香りも見かけに劣らず癖が強いです。このサラダは、おいしいかと言えばおいしいような、しかし個々の材料は別にいいけど組み合わせと配分に工夫が必要ではないか、というようなものでした。缶詰のミカンというのはあんまりサラダに向く素材ではないと思うのです。
I shared my appetizers with the people at the table, then had this spinach salad next. It had some toasted and sugar-coated nuts, very sweet cranberries, canned tangerines, and some blue cheese. Blue cheese is moldy, really. It's kind of creepy. It tastes and smells as strange as it looks, but somehow I don't mind it very much. This salad was OK. Canned tangerine is not really a salad material in my opinion. There's nothing wrong with the individual ingredients, but the combination and their ratio need some consideration.
c0110677_13235795.jpg


デザートはこちら。アップルクランブルというお菓子にアイスクリームを添えたものです。リンゴの質感はフニャフニャでザラザラ、しかも甘いばかりであんまりおいしくなかったです。ステーキハウスでデザートに期待してはいけません。
Here's the apple crumble I ordered for dessert. It was not very good. The apples had strange texture like coarse,grainy sponge, and it was way too sweet. It is not right to expect quality desert at a stake house.
c0110677_13373123.jpg


隣に座っていた子が頼んだデザートは小さくてかわいいです。デザートはこれくらいの大きさがいいような気がします。チーズケーキだそうです。
My friend ordered this little cheese cake. I think that it's a good size.
c0110677_1340541.jpg



帰り道にて。都会の月を縁取るのはビルばかり。
On the way back home. The moon in the city is framed with high-rise buildings.
c0110677_13463882.jpg


c0110677_13465760.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-27 13:31

午後の出来事

今日はお友達とアフタヌーンティーと洒落込みました。乏しい衣類の中から多少とも綺麗なものを探して着込み、いそいそと出かけて行った先はこちら。イギリスを意識した思いっきり女性向けのティールームです。
I went for an afternoon tea with a girlfriend. I chose somewhat fancy cloth from my limited collection. The place we went to is a very feminine British style tea room.
c0110677_7522153.jpg


看板にハイ・ティーと書いてあるのがいわゆるアフタヌーンティー・サービスです。日本には「アフタヌーンティー」という名前の雑貨屋さんがあるそうですが、それとは関係ありません。アフタヌーンティー、あるいはハイティーというのは、よそ行きの服を着てお茶屋さんに行き、華やかで綺麗なティーカップとティーポットを使い、お茶の葉も上等のを使って、ちょこまか飾った小さなお菓子と共にゆっくりと午後のお喋りなど楽しむ、という習慣です。カナダではそれほど一般的ではないので、こういう専門店やホテルのティールームなど、特別な場所でしかやってません。値段は、私が注文するような簡略なもので2000円弱くらい、凝ったものだと6000円くらいかそれ以上になります。そういうのは軽いお食事やシャンペンが付いてたりするし、服装もある程度ちゃんとしてないと入れてくれません。お菓子類も、3段くらいになったお皿に10種類以上ちまちま並んでいます。
All above is the explanation for the afternoon tea or high tea. They range in the fanciness and price, accordingly.
c0110677_811517.jpg


ところが、、、小さなお店は予約で一杯で、「2時間待ってください」と言われてしまいました。今まで予約がなくても入れていたので、ちょっとびっくりしました。うーん、残念。仕方が無いので、全然違うけど安くておいしいインドの食べ放題のお店に行きました。延々とお喋りしながら「もうお腹一杯」と宣言するまで食べました。
Unfortunately, the little store was fully booked. The pretty waitress asked us if we wanted to wait for 2 hours which we didn't. Instead we had some Indian food. We chatted and stuffed ourselves to the limit.

それから腹ごなしにお散歩していたら、なぜか目抜き通りに縫製工場がありました。何だろうと思ったら、ルルレモンという地元の衣料品会社の工場なのでした。縫製工場といえば、通気が悪くて不健康なイメージがあり、スウェットショップ(汗だらだらの作業場)という俗称で呼ばれます。でも、この会社は大通りのまん前に工場を作ってガラス張りの作業場を運営しているのでした。まあ、半分見世物みたいなもので、実際の大規模な生産は別の場所で行われていますけど。
Then we walked along a busy street. Then we saw this place where women are busy working with sewing machines. Why a sweatshop in the middle of the prime, fancy shopping district? It turned out to be the demo factory for Lululemon, a local clothing company whose emphasis is on the welfare of the environment and people. I hear from friends who work there and they take very good care of their employees.
c0110677_8121054.jpg


これは作業場に隣接するお店。ここではお客さんの寸法を取ったりもしています。仕立て屋さん、という感じです。ヨガの服などのカジュアルなものばかりですけど。環境に優しくて人間に優しい、というのがポリシーの会社みたいで、スタッフもすごく大切にされていて働きやすいと聞きました。
And here's the store, next to the factory.
c0110677_8152993.jpg


次に覗いてみたのは、やたらと値段の高い高級スーパーマーケット。アメリカ資本の会社です。オーガニックとかバイオダイナミックとかの商品が多いです。商品の種類が多いので見て歩くにはとても楽しいのですが、慎ましやかな生活をしている身にはそう簡単には手がでない価格設定。本日の贅沢はインド料理、ということで、ここでは見るだけ。でも、コールドプレスのエキストラバージン・オリーブオイルが格安だったので、つい買ってしまいました。目玉商品だけ買って帰る客ですみません。。。
Next we stopped at a posh supermarket. They mainly deal with organic produce, and they also carry some biodynamic produce. It is fun to look around the place like this since there are so many variety of different products. However, due to their unique price setting, I don't get to do much more than looking around. Oh well...

店内には日本のものもたくさんあります。でも、パッケージはこちらのものです。これはオーガニックのお抹茶ですが、セカンドハーベストの抹茶って何のことでしょう。。。
They carry many Asian products, but with Western packaging. This is organic second harvest matcha. Now, what exactly is 'second harvest'? As far as I know, matcha is made only from the first harvest traditionally.
c0110677_8225325.jpg


なんとびっくり、てん茶まであります。お抹茶に挽く前のお茶です。
They even carry Tencha, which is matcha before grinding.
c0110677_905015.jpg


こちらはカフェイン抜きの紅茶と緑茶。おいしいのかな。
These are caffeine free teas. I wonder if they are any good. The one I tried before was very flat.
c0110677_8243260.jpg


カナダならではの大きさ、1リットル入りのメープルシロップです。
1 litre size maple syrup is so Canadian.
c0110677_826584.jpg


インスタントラーメンもいろいろあります。どれも化学調味料を使ってなくて、しかも動物由来の原料が入っていないものばかりです。こういうのが増えるのって嬉しいです。でも、やっぱりニンニクと玉ねぎは入ってました。
Instant ramen noodles. They contain no MSG, and no animal products. How nice. But they still contain onion and garlic.
c0110677_8265992.jpg


お店の外壁は緑色です。植え込みになっているのです。
The wall of the store is green with plants.
c0110677_8284320.jpg


カラフルなお花売り場。春ですね。
Spring colours in the Floral Department.
c0110677_8292562.jpg


入り口には服装規定が書いてあります。「シャツと靴を着用のこと」というのは、上半身裸とか裸足で入って来る人がいるということです。実際、かつて働いていた高級趣味の喫茶店でもそういうお客さまがときたまいらっしゃいました。さすがカナダと言っていいのかどうか。。。
Yes, there ARE some people who walk around with no shirts and no shoes in Canada.
c0110677_830013.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-27 08:55

豆腐のワッフル

なんと、うちにはワッフルメーカーがあります。ワッフルというのはデコボコしたホットケーキのようなものです。両面を同時に焼くのですぐに焼けるし、表面がカリカリしておいしいです。なお、ホットケーキは英語では普通パンケーキと言います。フライパンで焼くケーキ、という意味で、パンみたいなケーキという意味ではありません。ホットケーキという言い方もしますが、あまり一般的ではありません。

ワッフルのレシピを見たら、どれも卵が入っています。でも、別に卵を使わなくても焼けるのです。私は絹ごし豆腐を使います。卵一個分くらいの量を入れるだけ。ヨーグルトでも代用できるそうです。レシピには溶かしバターも用意しろと書いてありましたが、オリーブオイルを使いました。ちょっと焦げ加減になってしまいましたが、おいしいです。なお、メープルシロップを切らしていたので、炊飯器で煮た小豆にお砂糖を入れて、あんこソースにしました。

卵って、ほんとに無くてもケーキなどあまり困らないのですが、プリンやシュークリームは作れません。メレンゲやスポンジケーキも作れません。でも、バナナ豆腐プリンを作ったらおいしくできました。
I made some waffles today. It's been so long since I used that machine. I used soft tofu instead of the eggs, and also substituted the melted butter with olive oil. I didn't have any maple syrup, so I made some sweet red bean sauce.

Eggs are not always necessary for baking. Yogurt can be used instead, too. But it IS necessary for things like cream puffs, custard pudding, sponge cake, etc. I once made banana tofu pudding. That was pretty good.
c0110677_11295795.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-22 11:35

韓国の家庭料理

韓国人のお友達が夕食に招いてくださいました。料理上手と評判の子だったので期待して行きましたが、評判に違わずとてもおいしいものでした。私のために菜食の料理も用意してくれました。どうもありがとう。カムサムニダ。
A friend of mine invited me for supper to her apartment. She is a Korean girl, and all the other Korean staff praise her for her cooking skill. The dinner was great. She even prepared some special vegetarian dishes for me. Thank you very much.

これはジャガイモをすりおろして焼いたもの。チジミというそうです。見ていたら、材料はジャガイモと塩だけ。ジャガイモを摩り下ろしてザルに空け、したたる汁をボウルで受け止めます。その汁が水分とデンプンに分かれたら、上澄みの水分を捨てます。こうして残ったデンプンとジャガイモを混ぜて、塩を入れて焼くだけ。もちもちしているのに、外側はかりかりしてておいしいです。作ってみようかなと思いました。ロシアにも同じようなジャガイモのパンケーキがありますが、それはもっと油っぽいです。
This is a simple potato pancake. The ingredients are simple; just potato and salt. She grated the peeled potato, and put it in the strainer. All the liquid that drops into the bowl underneath then separates into starch and water. She threw away the water, and mixed the grated potato with the potato starch, added salt, and fried with some oil. It was chewy and crispy. Really nice. Russians have a similar potato pancakes, but I prefer this one.
c0110677_15485491.jpg


ジャガイモのデンプンで作った麺を使った料理。韓国人は混ぜる混ぜる。。。
The noodle dish with potato noodle. Koreans just have to mix their food...
c0110677_15493147.jpg


熱いので軍手をはめて、その上に透明のビニール手袋をはめて混ぜます。そこまでして手で混ぜる必要があるのか、と思いますが、それが愛情の味なのかもしれません。
She mixes everything with her hand. She says that her mother and other women in Korea uses their bare hands. Since it's very hot, she used a thick glove, and put a thin plastic on top. I wonder why not use a fork or something, but it is the hand that adds special loving taste to the food she says.
c0110677_15502965.jpg


切るのはハサミ。合理的です。
She uses scissors for chopping.
c0110677_15515188.jpg


韓国のお酒。すごく強いのだそうです。
Korean sake. It's really strong they said.
c0110677_15523134.jpg


ずいぶん手の込んだ前菜です。料理上手の彼女は出来合いの調味料など使わず、すべて一から作ります。旦那さんはラッキーですね。
So much work to make these appetizers! She is proud of never using store bought commercial seasonings. Everything is made from scratch. Her husband is a lucky guy.
c0110677_15531517.jpg


ゆでたほうれん草と、ゆでたもやし。あっさりしておいしいです。
Boiled spinach and boiled sprout. Standard side dish in Korea.
c0110677_15551279.jpg


テーブルの上にはレタスと唐辛子みそ。ゆでて冷やしたキャベツもあります。
Lettuce, hot miso, and boiled and chilled cabbage.
c0110677_155693.jpg


豆腐スープ。おいしいです。その他にキムチや肉料理もありました。それにしても韓国人は唐辛子が好きですね。
Tofu soup. Very nice. There were also kimchi and meat dish. How Koreans love their hot chili peppers!
c0110677_15571544.jpg


ゴマの葉っぱ。かじってみたら、かなり癖のある味でした。韓国では普通に使う葉っぱだそうです。
Sesame leaf. It was very strong tasting. She said it's a common vegetable in Korea.
c0110677_1603713.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-20 16:00

セント・パトリック・デー

今日3月17日はアイルランドの聖人パトリック様のお祭りです。いったいどんな功績のある方なのか、あいにく私は知らないのです。知っているのは、今日が緑色のクローバーの日だということ。正しくはシャムロックという草ですが、クローバーに似ています。たぶんアイルランドでは普通に生えているのでしょう。
Today is St. Patrick's Day. Who this St. Patrick person is, I don't know. All I know is that today is the day of green shamrock. It must be common in Ireland.

ともあれ、この日は何か緑色の物を身につける習慣があるそうで、街には緑色の帽子を被ったり緑色のジャケットを着たりした人がたくさんいました。また、アイルランドと言えば酒飲みの国としても有名というか、悪名高いというか、、、そのため、この日は酒場では緑色に染めたビールを出す習慣があります。仕事が終わって夜に家に帰っていたら、駅には緑色に着飾ってダウンタウンに向かう人たちがたくさんいました。緑色のビールを飲んで夜通し騒ぐのでしょう。
The town was full of people with something green. At night especially, when lots of green people were heading downtown for the green beer.

酒場の前の看板。緑のビールあります、だそうです。おいしいのかな。よく見たら、「アイルランドの車爆弾」というお酒もありますね。何という物騒なネーミング。。。そりゃまあ、アイルランドといえばテロが有名だけど、まさか本場ベルファスト辺りでこんなお酒出してないでしょうね。広島や長崎で「原爆」なんてカクテルがあったら、笑って喜ぶ感覚にはなれないんじゃないかなあと思いますが。。。カナダ人の感覚は分からん、と思う場合が今でもときどきあったりするのです。
Here's a signboard for the green beer. I just noticed the cocktail with a strange name. 'Irish Car Bombs'? What are they thinking? I hope they don't serve this in Belfast. If there's a cocktail named 'Atomic Bomb' in Hiroshima or Nagasaki, that's quite a dark joke.
c0110677_14463270.jpg


お店には素敵なおばあさんがいらっしゃいました。緑色のスカーフをして、胸元に葉っぱの小さな本物のシャムロックを飾っておいででした。お尋ねしたら、今朝ご自分でこの素敵な「ブローチ」を作られたのだそうです。ミニ・ブーケと言ったほうがいいかもしれませんけれど。「素敵ですね」と声をお掛けしたら、いろいろお話しをしてくださいました。彼女は来月で88歳におなりだそうです。一人で暮らしていて、健康だし、自分の洋服はよく手入れをしている、とおっしゃいました。言葉の通り、服装も髪型もきれいに整っているし、コーディネートも抜かりがありません。
A very charming old lady came to the store today. She had a green scarf, and decorated live shamrock on her coat. I asked her how she got it, and she told me that she made it herself this morning. I told her that she looked really nice, and told her also that she is the best dressed customer today. She seemed very pleased, and started to tell me her life story.

She turns 88 next month. She lives alone, but her children live nearby, and they get along very well. She is healthy, and looks after her clothes well. As her words, she sure looked neat and well dressed.

40年前にアイルランドから移住して、幼かった子供も大きくなったけれど、夫は20年前に亡くなった、と彼女は言いました。子供たちは近くに住んでいて、とても仲良くしている、、、娘が「誕生日のお祝いは何がいいか」と聞くので、「プレゼントはお祈りだけでいい」と答えた、、、聖パトリックの日はアイルランドにとってとても大事だ、、、もっともっといろいろ話してくださりそうなご様子で、私もお話をゆっくり伺いたかったのですが、いかんせんバタバタしたコーヒーショップでは無理というもの。あわただしい中での小さな出会いでした。
She moved here 40 years ago from Ireland. Children were then very young, but they are now grown. But she lost her husband 20 years ago. He was still working. Her daughter asked her shat she wanted for her birthday, so she answered that she only wants her prayer. 'I don't need anything. Prayer is all I want, don't you think?' she said. She told me that St. Patrick's Day is very important for her people. She was going to tell me lots more, but the store is busy and I didn't have time to listen to her stories. Oh well,,, anyhow, it was a nice little meeting.
c0110677_14572596.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-18 14:57

喫茶店の本物と偽物

パプアニューギニア産のコーヒー豆ってあるんですね。知らなかった。。。
I didn't know of coffee beans from Papua New Guinea.
c0110677_14315537.jpg


小さな喫茶店の一角で山積みになっていました。
They were piled up in a corner of a cafe.
c0110677_14323256.jpg


口の開いた袋の中には緑色の生豆。
Green beans.
c0110677_1432486.jpg


焙煎機です。お店の中で焙煎しているのです。香りがいいでしょうね。
And the roaster. They roast in the store. It must smell really nice.
c0110677_14332442.jpg


さて、お次は別の場所です。ここは一体どこでしょう。お洒落な喫茶店でしょうか。
Now, somewhere different. Where could this be? A fancy cafe?
c0110677_1434572.jpg


階段のところにはいかにも値段の高そうな現代アート。
Above the stairwell, there hangs a very expensive modern art.
c0110677_14354166.jpg


壁にはやはり値段の高そうな現代ネイティブアートが飾ってありますが、ここは実は大学の歯医者さんの待合室なのでした。大学病院ってお金が余ってしょうがないのでしょう。
On the wall, there is a native art that also looks expensive. This place is the waiting room of a University Dentistry. These people seem quite well off.
c0110677_14362878.jpg
[PR]
by ammolitering3 | 2010-03-18 14:38



ときどき更新します。ときどきご覧ください。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧